「子どもの幸せな未来研究所」自分を信頼できるほど、もっと自由に豊かに愛に溢れた人生になる

menu

子どもの幸せな未来研究所「Tree of "LUCE"」

少しずつ少しずつ自分に近づく

癒しと目覚めの透視セラピスト 「魂の子育て」ナビゲーター

たかもり くみこ です。

*「自分に近づく」ための最初のステップ

「自分に近づく」「本来の自分自身に戻る」

最近よく耳にします。

そのためには、ベーシックですが、まず今の「自分自身を知る」「把握する」

ことが、大前提になってきます。

*今の「自分自身を知る」それは性格なの?

自分はどんな人間なのか??

いろんな角度から見ることがある時期必要なように思います。

一般的に、「性格」、と言われるものも、傾向、とか気質、といった

根本をなすもの、その人自身の特質に根ざしたものもありますが、

「そうふるまう」ことで生き延びてきた、後天的に

身につけてきたものもあります。

それが、良いとか悪いとか、正しいとか正しくない、

ということではありません。

*自分の「ふるまい」に気づく

私自身、自分を「優等生」「いい子」として生き延びてきたため(笑)

(家族の中では、決してそうではなく、「問題児」ではあったのですが)

それ以外のポジションや、「優等生」でいられない環境に

いると、自分をどう扱ったらよいのかわからない、

ということがたびたびおきていました。

それが、まさに、「子育て」や「リーディング(透視)」で

あったので、結構大変な思いをすることになりました。

*自分の立ち位置が分からない

自分の子どもが生まれる前まで、「赤ちゃん、小さい子ども」は

全く得意ではなかったから。

そして、目に見えない世界に魅力を感じながらも、

人の心を感じるたびに、落ち込んだりすることの方が多く、

やっぱり、「頑張って」「努力して」「勉強して」

目に見える現実をよくすることの方が楽しかったのに

それが通用しない世界に足を踏み入れたから、

ということもあります。

*自分自身のハートをコンパスにする

上記の時点では、特質=本質とそれ以外が混ざっている状態。

得意じゃない、苦手、興味がある、やりたい、好き、、

現実(子育て)を受け入れながらも、もともと才能があるようには

見えなかったこと(リーディング=透視)を、やっていくことで、

実は、そこに才能が眠っていたということがわかってくるのは、

数年経ってから、のこと。

それでも、「やってみたい」「この子とつながりたい」という

ハートの声、魂の声が、私の人生のコンパスにもなっていた、

ということなんです。

*自分でないもの、自分本来のもの

ということは、ハートをコンパスとして、自分でないもの、

自分本来のものを知ることが可能ということでもあります。

自分でないもの、の代表格が、

「自分にはできない」「自分には無理」

「自分はそんな価値がない」etc.

ですが、他にも、

「できない自分であってはいけない」とか、

「こんなんじゃだめ」とか、

「こうありたい、こうあらなくてはいけない」など、

幾重にも「自分でないもの」が覆っている場合が普通です。

*ハートの声を聴く

だからこそ、ハートの声を聴くことが大切。

自分の、です。いつもいつも

心から「やりたいか、やりたくないか」

「好きなのか、実はそうでないのか」

を聴いていくことからスタートです。

*とはいえ、これから夏本番〜!

なので、今は、あれこれ難しいことを考えないで、笑

全身でやりたいことを思いっきりやってみる!

興味あることに取り組んでみる、

のに最適な時期。

失敗してもいいじゃないですか😃

「やってみる」夏にしませんか??

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子どもたちと幸せな毎日へのために

自分の光の本質を思い出し、人生を創っていく

子どもが一層愛おしくなる「子育ての地図」を手に入れる!

いち早いお知らせ&お得な特典、ここでしか聞けない話はこちらから。 メールアドレスのみのご登録で受け取れます!

メルマガへの登録
お名前(ニックネームも可)  *
メールアドレス  *

ブログ

「子どもの幸せな未来研究所」Tree of “LUCE”とは

子どもたちが幸せな人生を生きていくために、本当に大切なこと、様々なメソッドを研究している研究所です。

子どもたち=大人である私たちも同じ。
豊かで美しい、光の木のような、もともと私たちが持っている魂の輝きを思い出すような場でありたい、という願いを込めてこの名前がつけられました。

*「子どもの幸せな未来研究所」Tree of "LUCE"はいかなる宗教団体とも関係がありません。また、リーディングセッションは心理学上のカウンセリングやセラピーとは異なります。
医師の診断、治療を必要とされている場合は、専門家の指示を仰ぐことをおすすめしております。