「子どもの幸せな未来研究所」自分を信頼できるほど、もっと自由に豊かに愛に溢れた人生になる

menu

子どもの幸せな未来研究所「Tree of "LUCE"」

子どもはみんな「魂のテーマ」を持っている

癒しと目覚めの透視セラピスト 「魂の子育て」サポーター

たかもり くみこ です。

*子どもはみんな「魂のテーマ」を持っている

このライフワークをスタートして、来月でちょうど10年。私にとっては、

それまでの自分の人生とは、全く異なる分野ではありましたが、

本当に豊かで素晴らしい時間を過ごしてきました。

この10年で、2400人以上の赤ちゃんや子ども、おとなたち(パートナーとかご両親とか)

の魂と対話してきました。

その対話を通して知ったこと、子どもたちの魂が教えてくれたことは、たくさん!あります。

(具体的にどんなことを伝えてくれているのか詳しく知りたい方は、

癒しと子育ちオンラインコース(有料)で、お聞きください。

30本以上の音声セミナーでお伝えしています。)

そこでわかったのは、子どもはみんな「魂のテーマ」を持っている、ということ。

もちろん、顕在意識=表面的な意識では、忘れてしまっています。

けれども、今生で何をしようか、魂のレベル(潜在意識・無意識)では、

ちゃんとわかっている、ということを意味します。

 

*それぞれ「魂のテーマ」がある、ということの本当の意味

ここで、私がお伝えしたいのは、子育てや、子ども(おとなも同じ)と接していく上で、

この子(人)はどんな「魂のテーマ」を持っているんだろうか??

と、思うことで、子どもに対しての接し方が自然と変わってくるのではないか、という推測。

 

「この子をなんとかしなくては」

「この子に良い環境を与えなければ」

「親の私次第で、この子を伸ばせる!」

 

といった責任感や義務感から解放され、少しは楽になるのではないか、と思います。

子育てで大変なのって、ひとつは、やっぱり「責任」があるところ。

命を守ることから始まり、そこからその子の言動、周囲とうまくやっていけるか、

教育、社会へ送り出す、といった責任へと

子育てのステージごとに、形を変えていくからだと思うのです。

 

ですが、そもそも今生でやろうとしていることがある、「魂のテーマ」がある、

としたら、「それはいったいなんだろう?」と、その子をそのまま見よう、探そうとする、

と思うんですね。

親が「与えなくては、導かなくては」という重荷から、

子どもが「どう育とうとしているのだろう?」という一歩引いた見方へ。

子育ての主体が、親から子どもへ、と逆転します。

 

ですから、その子の「魂のテーマ」とかけ離れている、親主体のやり方で

子育てをしようとすると、どこかで自分の限界がきたり、子どもに変調をきたしたり、

人生が行き詰まったりすることで、「ずれてるよ〜」と教えてくれます。

 

*「魂のテーマ」ってどんなこと?

私の定義で言えば、「魂のテーマ」は決まった職業や仕事を指すのではなく、

「今生やろうとしていること、その背景に静かに流れている、その子にとっての幸せな価値観や想い」

というイメージです。

魂レベルで、今生やろうとしていることなので、そこから人生が大きく外れると、

幸せ感を感じにくい、充足感がない、がんばっても消耗する、エネルギー切れを起こす、

なぜかうまくいかない、といったネガティブに感じやすい現実を引き起こし、

そっちに戻そうと働くようです。

*これまで対話してきて教えてくれた「魂のテーマ」の例

「私は私自身が愛を表現し、伝えたい、広げたい」「書くことで、人に寄り添いたい」

「感情の繊細さを感じ取り、その豊かさを表現したい」「科学を追求して、世界に貢献したい」

「リーダーシップをとって、人々の間に平和をもたらしたい」

「研究してモノをつくって、人類の幸せに貢献したい」

「人とつながって、争いのある世界を終わらせたい」「疲れ、傷ついた人々を助け、癒したい」

「恵まれない子どもたちを助けたい」「心の豊かさが幸せにつながることを表現したい」

「アートの分野で変革を起こしたい」「宇宙の真理を追求して、平和に貢献したい」など

お子さんや自分に当てはまるなあと思うテーマはありましたか?

 

*どうやって子どもの「魂のテーマ」を見つけるの?

「魂のテーマ」のヒントは、日常の子育ての場面にあちこち散りばめられています。

まさに、宝探しのよう。私は、そのお宝を発掘するのが大好き!なのかもしれません。笑

たとえば、「何かを創り出して、人々を幸せにする」というテーマの場合、

普段から「作ること」「創り出す」ことが大好きなはずです。

特に、私が「子ども時代」とよんでいる、幼少期〜小学校中学年くらいの時期にこそ、

ヒントがいっぱいなので、ぜひ、宝探しをするように、探してみてください。

 

それは、工作や絵などかもしれませんし、お料理やお菓子作り、かもしれません。

「自分がつくることで、人に幸せにする」ので、自分だけ作れば満足、とか食べれば幸せ、

というより、

人に見せたり、食べてもらったりして、喜んでもらいたい、と思っていると思います。

 

けれども、そういう時間がない、

そういうことがまったくできない、否定される、という環境にいつづけていると、

心が乾き反抗的になる、魂が悲鳴をあげる、体が動かない、あるいは心が死んだように

感じるでしょう。そうした心や体のサインによって、そのずれを教えてくれる

システムになっているようです。

*「魂のテーマ」がわかると、子どもの言動の「点」が「線」につながる

子どもって、理解できない言動をすることってよくありますよね。笑

それまで、???だった言動が、「魂のテーマ」がわかると、妙に納得、腑に落ちるようです。

「点」のようにばらばらだった、子どもの言動が、「魂のテーマ」によって、

「線」につながる、イメージだそうです。

そうすると、日頃の言動の理由や、なぜそれをするのか、という子どもの気持ちもわかるため、

子育てのストレスが減り、無駄な争いでエネルギーを消耗する(子どもは、

元気なんでいいんですけどね 笑)ことも減っていきます。

 

*「子育て」は「宝探し」

この子の「魂のテーマ」はなんだろう?という問いかけをスタートした瞬間から、

子育ては、宝探しの始まり、となります。

宝、というのは、その子の才能や、特質、本質、といったものだからです。

それは、働いているからそんなことしてる暇ないんです、

とか、24時間一緒だけど、ずっとそんなことしてられません、

ということではなく、目を皿にして、ずっと子どもを見続ける必要はありません。

 

日々、過ごしている日常の中に、何気ない言動の中に、見つけられること。

兄弟姉妹がいる方は、違いが分かりやすいかもしれませんね。

お一人の場合も、自分やパートナーの子どもの頃と比べて、とか、

周囲の子どもとここは違うな、と感じるところにヒントがあります。

(良いところも気になるところも含めて)

日頃の子育ての中の、何気ない子どもの言動、いつもやりたがること、

あるいは嫌がること、の中にも、そのヒントがあちこちに隠されていて、

まるで、宝探しのような気持ちで子どもとの時間を過ごすことが

できるようになるのではないか、と思うのです。

 

*「魂のテーマ」を知りたい方は・・・

上記のようにご自分で見つけることは可能ですが、

現在は、「ハートフル子育ちリーディングセッション」で、お答えしています。

(8月は、おやすみ。枠外料金がかかりますがスカイプ、電話のみ8月中も対応可。

メルマガにご登録いただくと、枠外料金が+5000円→+3000円にお安くなります。)

また、現在執筆中の本でも(企画書は準備していますが、まだ、どこの出版社かも

何も決まっていませんが笑)「魂のテーマ」を見つけるワークやそのヒントなども

お伝えする予定です〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子どもたちと幸せな毎日へのために

自分の光の本質を思い出し、人生を創っていく

子どもが一層愛おしくなる「子育ての地図」を手に入れる!

いち早いお知らせ&お得な特典、ここでしか聞けない話はこちらから。 メールアドレスのみのご登録で受け取れます!

メルマガへの登録
お名前(ニックネームも可)  *
メールアドレス  *

ブログ

「子どもの幸せな未来研究所」Tree of “LUCE”とは

子どもたちが幸せな人生を生きていくために、本当に大切なこと、様々なメソッドを研究している研究所です。

子どもたち=大人である私たちも同じ。
豊かで美しい、光の木のような、もともと私たちが持っている魂の輝きを思い出すような場でありたい、という願いを込めてこの名前がつけられました。

*「子どもの幸せな未来研究所」Tree of "LUCE"はいかなる宗教団体とも関係がありません。また、リーディングセッションは心理学上のカウンセリングやセラピーとは異なります。
医師の診断、治療を必要とされている場合は、専門家の指示を仰ぐことをおすすめしております。