「子どもの幸せな未来研究所」自分を信頼できるほど、もっと自由に豊かに愛に溢れた人生になる

menu

子どもの幸せな未来研究所「Tree of "LUCE"」

子どもの評価=自分の評価、ではなく、切り離してね!

癒しと目覚めの透視セラピスト ママと子どもの「魂が元気になる子育て」サポーター

たかもり くみこ です。

そろそろお受験、受験などで、色めき立つこの時期、

今日は、ちょっとドキッとする、切り込んだタイトルにしてみました〜笑

 

*子どもの評価って??

「○○くんは、勉強もできて、運動もできて、剣道ではなんとか賞とったらしいのよ。

すごいわね〜」

「文武両道ってこと?いいわね〜」

「ほんと、将来有望よね〜(ため息)」

「☆☆ちゃんは、綺麗だし、賢くて、羨ましいわ〜」

「ほんとね〜将来何にでもなれるわね〜」etc

 

実は、私の周囲には、こういう会話をする友人やママ友が殆どいなかったのですが、

(どちらかといえば、どんなに子どもが”変人=ユニーク”か、を披露する方が多かったです。

聞いていて、断然こちらの方が面白いんですけど。)

たった、一度だけ、こういった会話に紛れ込んでしまって、

びっくりしたことがあります。(あ、もっと驚愕した会話ももう一つだけありました!)

 

「え、いまどき、そんなこと言ってる人いるんだ〜??」

と、心底驚きました。とはいえ、すでにかれこれ10年以上前の話。

でも、いまだ、そんな会話が行なわれているところがある、ということを最近知りました。

 

確かに、自分の子が「勉強できてスポーツもできて、優秀」と言われて、

嫌な気持ちになる人はいないでしょう。あるいは、一度でいいから、

そう言われてみたい、と心のどこかで思ったことのある方は

意外と多いかもしれません。

 

ですが、、、

*子どもの評価=親の評価、は不幸街道まっしぐら、です。

ここのところを取り違えると、親子で不幸街道、まっしぐら、です。ほんとに。

良い時はいいですけど、子どもの成績や評判が下がれば、自分の評価も下がり、

連動するので、親子で気が休まる時がありません。

「ずっと幸せな子育て」(笑)なんて、のんきなこと、言ってられません。

 

そうすると、目的も目標も、達成しても、まったく幸せとは言えない状況が

待ち構えているので、さらに、負のスパイラルにはまっていきます。

どちらかが、たいていは子どもの方が、体調や心の不調を訴えて、

ギブアップするまで続くか、

親子で体力がある場合は、大人になるまで持ち越し、です。

 

*何のためのゴールなのか、よく考えてみてね!

お受験も受験もそうですけど、もともとは「子どもの幸せ」のため、だったはず。

評価(合格)にすり替えてしまったら、「子どもの幸せ」は実現されないまま、

次の目標へと、またせき立てられていきます。

あ、お受験反対、とかではありません。子どもの魂と対話していると、

お勉強したい、受験したい、という魂のお子さんもちょくちょく出会うからです。

 

ですので、受験するもしないも、「子どもの魂がそうしたいかどうか、幸せかどうか」による、

と思っています。(まあ、様々なご意見あるのは承知の上ですが、やはり魂、というあり方を

知ってしまうと、そうとしか言えません。)

 

*自分に足りない、と思うものは、自分にしか満たせない。

子どもの評価=自分の評価、と感じるならば、

自分自身に対する、不足感、欠乏感がないかどうか、見てみてください。

子どもに対する、ではなく。

自分に足りない、と思うものは、自分にしか満たせません。

子どもに満たしてもらおうとしても、もし、子どもがその期待に応えてくれたとしても、

自分自身の心の不足感、欠乏感は、埋まらないまま、です。

 

そして、親の期待に応えたにしろ、応えられなかったにしろ、

どちらにしても、そこには、「子ども本人がどうしたかったのか?」

という子ども自身は置き去りのままです。

 

*期待に応えたとしても、応えられなかったとしても。

期待に応えられなかった場合は、気づくまで、

「自分は人の期待に応えられない人間だ」「自分は人をがっかりさせる存在だ」

という思いを心のどこかに、思い続けていくでしょうし、

 

期待に応えた場合であっても、

「自分は期待に応えた価値のある人間だ」という思いの反面、

「自分は人の期待に応えなければ価値がない」「期待に応え続けないとがっかりされる」

あるいは、

「人の期待に応えられないやつは、価値がない」という思いは、

どこかに残るものです。

 

いかがでしょうか?どちらにしても、幸せ、とはちょっと違う感じでしょう??

 

*ですから、「どっちでもいい」んです。

春に、胎内記憶の池川明先生の講演会で、先生がおっしゃっていました。

「正解はないんです。どっちでもいいんです。」

ほんとにそうだよな〜 いきつくところは同じ、だから。

自分自身の感覚さえ、失われていなければ、そこに行き着くから。

あるいは、自分の感覚を失うほどのことがあったとしても、

魂は、ちゃんと行き着くように、誘ってくれるのだろうから。

自分が、ほんとうの自分になることを諦めない限り。

 

*失敗も、挫折も、不合格も、そこから。

人生も、受験も、お受験も、同じ。

失敗も、挫折も、不合格も、そこから、

「自分自身でいること」「幸せ」の方向へ持っていけるかどうか、が大切なのであって、

リベンジや復讐、の方向ではありません。

(なので、無理やり、悔しがらせたり、発奮させようとするの、笑

やめてくださいね!)

 

*ということで、子どものお受験も子育ても自分の人生も。

自分自身と向き合う、しか、幸せな方向にいきません。

どう向き合うかは、このブログを読んでいってくださいね!過去の記事にも

山ほど書いていますー(主にアメブロ。https://ameblo.jp/treeofluce/)

 

*それが、まさに、これからの時代を生きる子どもを育てる「新しい子育て」=コンシャスペアレンツ(Conscious Parents)

今までの子育て本とは違う、「新しい子育て」の考え方です。

「愛情は足りている。意識が不足しているだけ。」全米で支持を得ている、

シェファリ博士の言葉です。

これまで解決しなかったことも、この「意識」のことを理解すると、

解決に向かいます。

実は、とってもシンプルなことだったんです。

 

*もっと端的に知りたい!方は、20日(金)無料のオンラインシェア会で。

全米ベストセラー作家シェファリ博士のカンファレンスのシェア会を、

オンラインで、無料で、20日(金)10時半〜11時半頃、行います。

お申し込みは https://ws.formzu.net/dist/S55832625/

シェアする内容は

・子育てのこと

・パートナーシップ(なぜ難しいのか?)

・エゴと本質

・心配と恐れ

・トリガー(怒りなど感情のボタン)

・本当のモラルの育て方

・その言動の裏に

・感情のケア

・つながり他

・Q&A

初のオンラインシェア会。動画も初。
ZOOMでのシェア会を予定しています。

無料ですし、質問にもお答えしますので、
どこからでも、お気軽にご参加ください。

オンラインですので、途中から参加、早退もOKです。

URLにアクセスできる環境があればご参加可能。
お申込みはこちら。
https://ws.formzu.net/dist/S55832625/
2日前までに、URLをお送りします。

ご参加お待ちしています〜^^

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子どもたちと幸せな毎日へのために

自分の光の本質を思い出し、人生を創っていく

子どもが一層愛おしくなる「子育ての地図」を手に入れる!

いち早いお知らせ&お得な特典、ここでしか聞けない話はこちらから。 メールアドレスのみのご登録で受け取れます!

メルマガへの登録
お名前(ニックネームも可)  *
メールアドレス  *

ブログ

「子どもの幸せな未来研究所」Tree of “LUCE”とは

子どもたちが幸せな人生を生きていくために、本当に大切なこと、様々なメソッドを研究している研究所です。

子どもたち=大人である私たちも同じ。
豊かで美しい、光の木のような、もともと私たちが持っている魂の輝きを思い出すような場でありたい、という願いを込めてこの名前がつけられました。

*「子どもの幸せな未来研究所」Tree of "LUCE"はいかなる宗教団体とも関係がありません。また、リーディングセッションは心理学上のカウンセリングやセラピーとは異なります。
医師の診断、治療を必要とされている場合は、専門家の指示を仰ぐことをおすすめしております。