「子どもの幸せな未来研究所」自分を信頼できるほど、もっと自由に豊かに愛に溢れた人生になる

menu

子どもの幸せな未来研究所「Tree of "LUCE"」

バージニア・リー・バートン「ちいさいおうち」原画展〜オススメ絵本〜

癒しと目覚めの透視セラピスト「魂の子育て」ナビゲーター

たかもり くみこ です。

今回はアメリカのバージニア・リー・バートン作「マイクマリガンとスチームショベル」

の絵本を読むたび、胸がいっぱいになり(全く感動モノではありません、ちなみに。)

声がいつもと違ってしまうので、

子どもから「なんでママは、絵本で泣いちゃうの!もう!」と言われていたこの本。

(自分が絵本の世界に浸りたいのに、私の声が震えるので、浸りきれないことに、

怒っていたかと思われます むずかしー汗)絶賛オススメ中の理由をいくつか書いてみました。

 

*絵本「ちいさいおうち」by バージニア・リー・バートン

先日、東陽町で開催中の、バージニア・リー・バートン「ちいさいおうち」原画展に、

夫と二人で行ってきました。

(8/9まで開催中 日・祝お休み https://www.cinra.net/news/20170527-virginialeeburton)

「ちいさいおうち」との出会いは、長男が1歳の頃からお願いしていた、

長崎のぶっくくらぶ「童話館」の通信と配本だったように思います。

以来、なんとも言えない、温かで可愛い感じの擬人的なユニークな絵や、文章の配置、

そして、作者バージニア・リー・バートンの独自の世界観に家族みんなが

魅了され続けています。

*バージニア・リー・バートンの世界観

これは、勝手な私の想像。手元に当時の「ぶっくくらぶ」通信はありませんが、

当時の「ぶっくくらぶ」編集長の 故・川端さんの文章から影響を受け、

受け取ってきたものもあると思います。

そして、私個人的に、作者の世界観を一番表していると感じるのが、

「マイク・マリガンとスチームショベル」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*男性性と女性性の共同創造

特に男の子は、みんな好きになる絵本だと思いますが、女の子も(ママも)十分、

楽しめる本だと思います。スチームショベルという機械を扱っているものの、

所有者のマイクマリガンとの関係性でいうと、女性的な位置づけ(メアリ・アンという

スチームショベルにつけられた名前からも)であり、そこには、男性と女性が

協力しあって共同で世界を創造していく、という普遍的な法則が現れてもいるからです。

*変化し続けていくもの、というメッセージ

マイクマリガンは、スチームショベルのメアリアンと、その時代を文字通り、

作ってきたことが描かれています。

道路や、運河、飛行場、ビルの地下室、を他に働くひとたちとともに、

次々作ってきた実績が山ほどあるにもかかわらず、いつのまにか、

新式の機械にとってかわられていく、時代の移り変わりの容赦のなさと

切なさを表現しながらも、時代は常に変化し続けていくもの、というメッセージも

「ちいさいおうち」と同様、伝えています。

 

*「自分の居場所があるはず!」思い切ってチャレンジしていく

時代に淘汰されつつありながらも、マイクマリガンとスチームショベルの人生(機械生?)

すべてをかけた、最後のチャレンジに出かけていく姿も、勇気をもらえます。

ただ、意気消沈して、時代の流れを嘆くだけでなく、

「きっと自分たちの居場所があるはずだ!」という、

明るく強い信頼のもと、目的地目指して旅を続けます。

自分たちが作ってきた運河や線路、ハイウェイや、飛行場や大きな町を通り過ぎていく、

二人(?)の気持ちは、どんなものだったのだろう、と想像する空間がそこにあります。

行動の事実だけを述べているにもかかわらず、二人の心情

ーそれを作ってきたことを誇りに思う気持ち、表舞台から去っていく寂しい気持ち、他

が、行間、挿絵から自然と伝わって来るシーンです。

大人は、多少ノスタルジックな気持ちになりますが、子どもたちは、未来に向けての次の展開を

楽しみにしているように感じます。

 

*いざ、勝負!を挑むカッコよさ

目的の場所に着き、話し合いをしているところに、

「このスチームショベルのメアリ・アンなら、1日で掘ります!

もし、1日で掘ることができなければ、お金は要りません!」

と、人生のすべてをかける、カッコよさ!

現実では、なかなか難しいことはたくさんあるでしょう。

けれども、誰もが憧れるこのマイクマリガンのような生き方のカッコよさが

こういう場面で、自分の心の奥に、ストックされていくのだと思います。

生き方への憧れ、人間としてのカッコよさが自然と立ち上がってくる瞬間と

いえると思います。

その反対に、ちゃんと、ほんの少し、ずる賢さを持つお役人も登場させています。

少しでも穴をただでほらせることができる「うまい」話だと、にやりとさせています。

カッコよさ=光、を利用する影、もあり、世の中には、光と影があることを、

こういう形で伝える細やかさがあります。

 

*小さな子どもにも「できることがあるよ!」というメッセージ

特にこの絵本の中で、印象的なのは、小さな男の子の存在です。

マイクマリガンとスチームショベル、メアリアンの大仕事を、

きっと、好奇心から見に来て(男の子は、工事現場の機械が動く姿は何時間見ていても

飽きないようですから)

でも、「見ている人が多ければ多いほど早く上手に掘り進める」とマイクから聞き、

たくさんの見物人を連れてきて応援する、という大事な役割を担っています。

そこに小さな子どもに、「できることがあるよ!」というメッセージも

ちゃんと織り込まれています。大人の仕事の中で、子どもが役に立てる喜びを、

絵本を読んでもらっている子どもたちは、純粋に感じ取っているだろうと想像します。

 

*丁寧に仕事をしていくことへの誇りと、その尊さ

1日で地下室を掘る、ということで、ますます早く掘っていくマイクマリガンと

スチームショベルのメアリアン。時間がどんどん過ぎていき、登場人物たちも、

読者も焦りを感じますが、ちゃんとこんな描写があります。

「マイクとメアリは、ふたつめの かどを きちっと 4かくに ほりあげました。」

「マイクたちは、3ばんめの かどを ほりおえました・・・きちっと4かくに。」

中略

「どのかども・・・きちっと 4かくに、

どのかべも・・・まっすぐに きりたって。」

どれだけ急いでいても、丁寧に、きちんと仕事をするマイクたちへの尊敬の思いが

現れてくる場面です。同時に、仕事というのは、こういうものなんだ、という

子どもたちなりに、うっすらとしたイメージが感じられるシーンでもあります。

 

*「思ったことを言葉にしていいんだよ」子どもという存在へのエール

「どうやって、そこから出るの?」

1日で掘り上げてしまったことに大歓声をあげた見物者たちと、

掘りあげることに必死だったマイクとメアリアンが、掘った穴から出られないことに対して、

素朴な疑問を投げかけたことをきっかけに、大人たちは、大議論。

この絵本が出来た当時は、第2次世界大戦前後。

いくらアメリカといえども、子どもが自分の意見を自由に言う空気は、

それほどなかったに違いありません。

子どもという存在を、深く大きく理解していた作者だからこそ、

子どもが、時に本当に鋭く、本質を捉えて表現する力を持っていることに、

早くから気づき、敬意を抱いていたのでしょう。

ここでも、「子どもも思ったことを素直に口にしていいんだよ」という、

作者の、子どもという存在への温かなエールが感じられます。

 

*小さな子どもの愛と智恵が大人を明るく照らし、導く

「ところが、それまで たいへん しずかにしていた あの おとこのこが、

また いいことを かんがえつきました。」

 

この前の場面で、大人が、お互い議論を重ねて結論を導き出そうとしているのに対し、

小さな男の子が、自分の心の静けさの中で、インスピレーションを受け取ったように

描かれているのが印象的です。瞑想、とか、直感、とか、まだそんな言葉が、

普通であったとはとうてい思えない時代背景ではあるけれど、作者自身、

そうしてインスピレーションを受け取って絵本を描いていた時もあったかもしれない、

とも思います。

 

そして、その提案というのが、誰もが幸せになる、愛と智恵溢れるアイディアで、

大人たちは、全員その提案に賛成し、町のみんなが喜ぶものだった、ということ。

時に子どもは、誰にとっても良い考え、みんなを幸せにする考えを言ってくれることが

あります。もちろん、現実的には難しいこともあるし、実現不可能なアイディアの場合も

あります。けれども、この小さな男の子のように、「誰かだけじゃなく、全員を幸せにしたい。」

という気持ちを感じる場面は、子育てのシーンでもたびたび訪れたりします。

「ママだけじゃなくて、パパも一緒に行こう!」「みんなで行こうよ!」

「みんなで食べればいいじゃん!」とかとか。

困る提案もたくさんあるけど、子ども的には、「みんなで一緒に楽しくなりたい」

という、家族への愛、だったりするわけです。

(もちろん、日常では、”自分が〜〜!!”とか、”自分の〜〜!!”とか、

そうでないことのほうが多いのですが。)

*まとめ 楽しみ方はそれぞれ

と、私の胸いっぱいになるポイントをいくつか書いてきましたが、

これは私の涙腺刺激ポイントなので、子どももそれぞれ、大人もピンと来る人、

こない人、いろいろだと思います。

作者自身、絵本を読んで聞かせて子どもたちのリアルな反応を見ながら、絵本を作り上げていった、

という、意外と現実的な方だったようなので(原画展のビデオの中でのコメント)

少なくとも、お子さんのツボに入りやすい絵本だと思います。

図書館や、本屋さんで、ぜひ手にとってみてください^^

アマゾンはこちら。http://amzn.to/2vvhgVY

残念ながら、新刊は今、手に入らないみたいですーショック・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子どもたちと幸せな毎日へのために

自分の光の本質を思い出し、人生を創っていく

子どもが一層愛おしくなる「子育ての地図」を手に入れる!

いち早いお知らせ&お得な特典、ここでしか聞けない話はこちらから。 メールアドレスのみのご登録で受け取れます!



光のメッセージ付♪「光の木」メルマガ



ブログ

「子どもの幸せな未来研究所」Tree of “LUCE”とは

子どもたちが幸せな人生を生きていくために、本当に大切なこと、様々なメソッドを研究している研究所です。

子どもたち=大人である私たちも同じ。
豊かで美しい、光の木のような、もともと私たちが持っている魂の輝きを思い出すような場でありたい、という願いを込めてこの名前がつけられました。

*「子どもの幸せな未来研究所」Tree of "LUCE"はいかなる宗教団体とも関係がありません。また、リーディングセッションは心理学上のカウンセリングやセラピーとは異なります。
医師の診断、治療を必要とされている場合は、専門家の指示を仰ぐことをおすすめしております。