「子どもの幸せな未来研究所」自分を信頼できるほど、もっと自由に豊かに愛に溢れた人生になる

menu

子どもの幸せな未来研究所「Tree of "LUCE"」

ゲーム三昧でも、TV三昧でも、、、

癒しと目覚めの家族関係透視セラピスト ママと子どもの「魂を元気にする子育て」サポーター

たかもり くみこ です。

 

今日はセッションデーでした!

仕事柄、魂が元気かどうかが気になります。

特にセッションではなおさら、です。

 

勉強、運動、部活、習い事、、なんでも一生懸命、

夢中になっている時というのは、親は安心しています。

安心できます、といったほうがよいかもしれません。

 

*ゲームばかり、マンガばかり。

けれども、それ以外、たとえば、TVばっかり見てる、ゲームばっかりやってる、

マンガばかり読んでいる、スマホばかり、あるいは、ごろごろとお昼寝ばかり・・・

 

特に、小学生の終わり〜思春期以降、そんな我が子を見るたび、イライラする、

見たくない、もう、家から出て行って欲しい、笑

という言葉をたびたび、耳にします。

 

私も、特に、長男が高校生の頃や、次男が中学生の頃、

だらだらごろごろ、しているのを見ると、

なーんか、胸の奥がざわつく、というか、場合によっては、

イライラが沸き起こってくることはあったので、

そのお気持ちはよ〜く分かります。

 

*いわゆる、トリガー(引き金)

私にとっての、です。

シェファリ博士は、そんなとき、「自分の内側を見る」ように、

と、よく言っています。

 

なぜ、イライラするのか、怒りが湧くのか、落ち着いた時に、「自分を見る」

必要があります。そして、「自分を見る」こと以外に、その抜け道はありません。

 

*例えば、期待、思い通りにしたい、ニーズ・・・

があります。

「こうあってほしい」「こう過ごしてくれたら納得するのに。」

「こうしてほしい。」

など、理想の形、それも、「最低限に基準値を引き下げてあげてるのに!」

といった、「ここからはせめて出ないで欲しい、といった”枠”」

「今、ここでやらなかったらどうなるの?」という不安、

「いくらなんでも、テスト前の今、ここはやる時、でしょ!」という

激励という名の期待やコントロール、

「私を不安にさせないでほしい」というニーズ他、

たいてい、こちら親の側のエゴ(*注 その人の本質ではないもの)が満載です笑

(ぜ〜んぶ、私にもあったので、リアルに描けます!笑)

 

*「自分の内側を見る」

上記に書いたようなことなどが、自分の内側、自分の頭になかったかどうか、見てみましょう。

「自分の内側を見る」というのは、自分自身の中にある、思い込みや、観念、信念体系、痛み、

などを認識する、意識する、ということを指します。

ここをしっかり見て、自分と向き合わないと、子どもは変わってくれません。

なぜなら、

 

*そこが、本当はあなた自身が変えたい、と思っている、光を必要としている場所だから、です。

意外でしたか??

そうして、その場所、その痛み、思い込み、信念体系、観念をしっかりと認識する、

意識することで、癒しが起こり始め、「真ん中」へと向かいます。

「真ん中」へと向かうと、イライラ、怒りが自然と収まっていきます。

ただし、このつかみ方には、コツがあるので、1度や2度では収まりにくい

と思います。何度も、何度も、時には何十回も、

「自分の内側を見る」

「どんな痛み、観念、信念体系、思い込み他があるかを認識する」

「ゆっくりと呼吸する」

「”真ん中”へいざなわれ、かき乱されなくなる」

 

*その後「真ん中」へ行くことが大切!

そうして、「真ん中」へ行った後、お子さんを見てみてください。

お子さんは、

退屈すぎて、ゲームやスマホをやっている、

何かのプレッシャーで、無気力にならざるをえなかった、

暇つぶし、他にやることがなくて仕方なく、、

なのか、

ゲームの攻略が楽しくて仕方ない、

自分の好きな分野をリサーチして体験する、のに夢中、

コミュニケーションを心から楽しんでいる、他

いかがでしょうか?

 

*魂が元気かどうか?

ポイントは、自分の感情ではなくて、子どもの魂が元気かどうか、です。

前者であれば、子どもが何を本当に求めているのかを、よ〜く見て、対応していく必要がありますし、

後者であれば、親からは、ごろごろだらだらしているようにしか見えなかったとしても、

内面がよく動き、人生の充電期であり、チャージ中です。

そういう意味では、前者後者どちらもエネルギーのチャージ中、と言えます。

 

*見たくない時は、「チャージ中、チャージ中!」と自分に言う

というのをお勧めします笑

子どもは、ちゃんと、自分の人生に必要なことがわかっています。

それは、大人が思い描くような人生設計ではありませんが、その時期、がきたら、

ちゃんと発動するように、なっています。

 

*大切なのは、「時期がきたら、発動できる環境」

あまり、子どもをこづきまわしたり(精神的に)、プレッシャーをかけたりしすぎると、

心も体も精神も、魂も!麻痺してしまい、

「自然と」発動するはずだった、必要な感性が、埋もれてしまいます。

つまり、自分以外のもので、自分の本質が覆われてしまった状態です。

 

幼児期、学童期に、受験や習い事というプレッシャーをかけられすぎて、

大切な思春期以降、バーンアウトしてしまう例は、たくさんあります。

本来、伸びやかに、自分らしさをますます発動させていくはずの思春期に、

それだけのエネルギーが底をつき、もう残ってないからです。

 

*とはいえ、それも人生!ですが。

ですので、特に、思春期のだらだらごろごろは、大目にみてほしいなあと思います。

みんながみんな、爽やかに!若者らしく!友達との時間を楽しんで!

部活も!勉強も!時には恋も!それ以外も!楽しむ!

的な、理想の生活を送るわけ、ありません。

 

こういうの、実は辟易していませんでしたか?思春期、大人の勝手な妄想に。

 

*大人の私たちがやることは、ただひとつ。

そんな彼らのだらだらごろごろな状態を見て、ざわつく自分の内側のエゴ(本質でないもの)を見て、

「真ん中」「中立な」立場で、「受け入れる」こと。

それを、何度も繰り返すうちに、子どもも自分も幸せな方向へと変容していることでしょう。

 

いかがでしたか?ご意見、ご感想お待ちしています〜

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子どもたちと幸せな毎日へのために

自分の光の本質を思い出し、人生を創っていく

子どもが一層愛おしくなる「子育ての地図」を手に入れる!

いち早いお知らせ&お得な特典、ここでしか聞けない話はこちらから。 メールアドレスのみのご登録で受け取れます!



光のメッセージ付♪「光の木」メルマガ



ブログ

「子どもの幸せな未来研究所」Tree of “LUCE”とは

子どもたちが幸せな人生を生きていくために、本当に大切なこと、様々なメソッドを研究している研究所です。

子どもたち=大人である私たちも同じ。
豊かで美しい、光の木のような、もともと私たちが持っている魂の輝きを思い出すような場でありたい、という願いを込めてこの名前がつけられました。

*「子どもの幸せな未来研究所」Tree of "LUCE"はいかなる宗教団体とも関係がありません。また、リーディングセッションは心理学上のカウンセリングやセラピーとは異なります。
医師の診断、治療を必要とされている場合は、専門家の指示を仰ぐことをおすすめしております。