「子どもの幸せな未来研究所」自分を信頼できるほど、もっと自由に豊かに愛に溢れた人生になる

menu

子どもの幸せな未来研究所「Tree of "LUCE"」

まずは、自分をどう満たす?〜その3〜

「魂の子育て」専門家 スピリチュアル・カウンセラー

たかもり くみこ です。

 

前回の続き。

前回はこちら。http://treeofluce.com/まずは、自分をどう満たす?〜その2〜

*本当に欲しいものを見つけて、欲しい!と言う。

とにかく、心の底から、魂から、本当に欲しいものを見つけること。

気分転換ではなく。

 

が、当時の私には大事なことだった、と書きました。

そして、その時の私が、魂から欲しかったのは、

「魂のこと、目に見えない世界のこと、この世界のこと、エネルギーのこと、

オーラやチャクラのことを知りたい!そしてエネルギーを動かせるようになりたい!」

 

*透視透聴13ヶ月のコース、103万円!

 

そして、私が、その魂から欲しいものを与えてくれるところは、

サイキックのアメリカ人の女性先生が教えてくれる、

透視透聴スクール13ヶ月、103万円!ということが分かりました。

 

折しも、当時、三男は、1歳半。まだ授乳中で、

しょっちゅう、かんしゃくを起こして、手がつけられなくなることも多く、

上の子たちは、小学校4年生と1年生。

まだまだ遊びたい時期。

 

一人や二人ならともかく、手のかかるやんちゃな赤んぼを入れて

3人を彼らが休みの日、丸1日や半日、見てくれる人を探すのは、至難の技。

お互いの実家も、名古屋で、簡単にきてもらうような距離ではありません。

 

比較的慣れている私でも大変なのですから、仕事が超忙しくて、週に1日、

日曜日休めるかどうか、くらいの状態で疲れ切っている、夫は、

内心うんざりしたのでしょう。

 

*夫は、「それ、あと3年、待てないの?そうしたら、

コウセイだって、入園してるし。

その時はさすがに落ち着いてるでしょ、今よりは。」  

と言いました。

けれども、いつ新聞に載ってもおかしくないくらい、精神的に

追い詰められていた私は、

 

「待てません。」(きっぱり。)

 

とだけ、答え、私のその様子にうんざりしつつ、観念した、というか、

「君は結局、自分を押し通すんだね。僕だって、こんなに忙しくて大変なのに。」

と、決して温かいものではなく、突き放した感じ、でもありました。

 

*「後悔しない方を選ぶ。」

少し話が逸れますが、私の中で、比較的長く持っている信念として、

「後悔しない方を選ぶ」という基準があります。

 

「子どもをもう一人産んでおけばよかった」

「子どもともっと遊んでおけばよかった」

「もっとゆったりとした気持ちで子どもと遊んでおけばよかった」etc

 

子育てあるある、後悔の代表フレーズではないかと思うのですが、

そんなことが頭にあり、いつも

 

「子どもと一緒に居られる方」

という、いわゆる子どもとの時間、最優先で過ごしてきていました。

 

それは、「良いお母さんでいよう」というより、

「子どもの”その瞬間”を見逃したくない。」「自分が、後悔したくない!」という思いから。

 

子どもと遊んでおけばよかった、ということは、どう頑張っても取り戻せないので。

 

*「自分の魂が死んでしまう!」

その私が、反対に、

 

「今、その高くて、期間も長いコースに行かないと後悔する!

自分の魂が死んでしまう!」

と、思ったのでしたから、人生の大転換!と言っても過言ではありません。

 

今日はこんなところで。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いち早いお知らせ&お得な特典、ここでしか聞けない話はこちらから。 メールアドレスのみのご登録で受け取れます!



光のメッセージ付♪「光の木」メルマガ



子どもが幸せに豊かに生きていくために必要なこととは?

子どもたちと幸せな毎日へのために

自分の光の本質を思い出し、人生を創っていく

子どもが一層愛おしくなる「子育ての地図」を手に入れる!

ブログ

「子どもの幸せな未来研究所」Tree of “LUCE”とは

子どもたちが幸せな人生を生きていくために、本当に大切なこと、様々なメソッドを研究している研究所です。

子どもたち=大人である私たちも同じ。
豊かで美しい、光の木のような、もともと私たちが持っている魂の輝きを思い出すような場でありたい、という願いを込めてこの名前がつけられました。

*「子どもの幸せな未来研究所」Tree of "LUCE"はいかなる宗教団体とも関係がありません。また、リーディングセッションは心理学上のカウンセリングやセラピーとは異なります。
医師の診断、治療を必要とされている場合は、専門家の指示を仰ぐことをおすすめしております。