「子どもの幸せな未来研究所」自分を信頼できるほど、もっと自由に豊かに愛に溢れた人生になる

menu

子どもの幸せな未来研究所「Tree of "LUCE"」

「自分の心の声、子どもの心の声を聴く感覚を味わうことができました!」

「魂の子育て」専門家、 

透視透聴スピリチュアル・コンシャス・カウンセラー

たかもり くみこ です。

今日は、新ハートフルオープンドアセミナーの第3回を

開催していました。

 

雪や、インフルエンザ、発熱、など、お休みが多かったものの、

動画とワークシートでフォローもあるため、

リアル参加は少人数で開催。

 

ちょうどテーマも「心の声を聴く」という、

静かな時間が必要なテーマだったため、

いつものように、ワイワイ楽しく、というより、

しっかりとこの時間を静かに味わった時間でした^^

 

コンシャスな(意識的な)子育てには、欠かせない、

この「心の声を聴く」という項目。

全米ベストセラー作家であり、子育ての専門家である、

シェファリ博士の本にも、

「あなたの子育てに、心の声を聴く、という項目はありますか?」

という箇所が出てきます。

 

通常、子どもの話を聴く、ことはしていても、

心の声を聴く、機会はなかなかありません。

 

みなさん、初めてのことに、ドキドキしながらも、

静かに取り組んでくださいました。

 

みなさんの様子を見ながら、誘導瞑想的に、

段階を追って、自分とつながり、自分の心の声を聴いたり、

子どもやパートナーの心の声を聴きました。

 

癒しが起きて、涙が止まらない人も・・

 

日常でよく見ているはずの何気ないお子さんの言動の

「本当の意図」を受け取って、感動を味わった方が

何人もいらっしゃいました。

 

本当に、場の力はすごいな!と思います。

 

*Kさん 15歳の女の子、12歳の男の子のママ

「ご自宅がとても居心地の良い空間でした。

自分を”真ん中”に置く、を意識していこうかな、と思います。」

*Mさん 小3の男の子のママ

「(自分の)心の声、子どもの心の声を聴く感覚を味わうことが

できました。日常的に聴く時間を作っていきたいと思います。」

*Yさん 年長の男の子のママ

「今回初めて、心の声を聴く作業をしてみて、自分の声が

聞こえたことには驚きました。

そして、自分の痛みに気づき、そこを癒すことを繰り返して

いくことによって、自分の幸せに近づいていけるであろう

ことにも気づけてよかったです。

自分は自分に大きなパワーをくれることに気づけたので、

自宅でも行っていくことが楽しみです。

普段、自分の感情にふたをしている私にとっては、

とても必要な作業だと感じました。

まずは、自分自身と向き合い、次は夫とも向き合うことが

できれば、、、と思います。

自分の心の声「さみしい」ということに、どのように向き合って

いくのか(パートナーシップだと思いますが)、立ち止まって

考えていこうと思います。

今日もありがとうございました。」

*Yさん 中2の男の子、小4の女の子のママ

「娘が言いたかったこと、伝えたいことがやっとわかりました。

見ていたはずなのに、伝わってくるものが全然違っていて、

やっと受け取ることができて、本当によかったです。

”感覚”

知識や思考を使うのではなく、感覚がわかるのは、

リアルならではだなと思いました。

”感覚”は、苦手分野ですが、いつでもブレないものとして、

身につけられると強みになるので、覚えておきたいです。」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いち早いお知らせ&お得な特典、ここでしか聞けない話はこちらから。 メールアドレスのみのご登録で受け取れます!



光のメッセージ付♪「光の木」メルマガ



子どもが幸せに豊かに生きていくために必要なこととは?

子どもたちと幸せな毎日へのために

自分の光の本質を思い出し、人生を創っていく

子どもが一層愛おしくなる「子育ての地図」を手に入れる!

ブログ

「子どもの幸せな未来研究所」Tree of “LUCE”とは

子どもたちが幸せな人生を生きていくために、本当に大切なこと、様々なメソッドを研究している研究所です。

子どもたち=大人である私たちも同じ。
豊かで美しい、光の木のような、もともと私たちが持っている魂の輝きを思い出すような場でありたい、という願いを込めてこの名前がつけられました。

*「子どもの幸せな未来研究所」Tree of "LUCE"はいかなる宗教団体とも関係がありません。また、リーディングセッションは心理学上のカウンセリングやセラピーとは異なります。
医師の診断、治療を必要とされている場合は、専門家の指示を仰ぐことをおすすめしております。