「子どもの幸せな未来研究所」自分を信頼できるほど、もっと自由に豊かに愛に溢れた人生になる

menu

子どもの幸せな未来研究所「Tree of "LUCE"」

「新しい子育て」的 自分から進んでやる子になる方法

癒しと目覚めの透視セラピスト 「魂の子育て」ナビゲーター

たかもり くみこ です。

新しいことを学ぶのはとっても楽しい!

視野が広くなり、生きてることが嬉しくなるから。

また、いつかシェアしますね〜

 

*新しい子育て的「自分から進んでやる子」になる方法

さて、夏休みいかがお過ごしですか?

小学生以上のお子さんがいる方なら、さっさと宿題を片付けていってほしいなあ!

と思いながら、この時期はまだ様子見している感じでしょうか?

 

親というものは、どうしても、思い通りにコトが運んで欲しい、と思ってしまう

生き物だなあと自分を含めてそう思います(汗

 

「さっさと取り組んで欲しい!」

「お出かけしない時に、早めに片付けてほしい」

「午前中は、ちゃんと机に向かって欲しい」などと思う方がほとんどかなと思います。

だから、「自分から進んでやる子」になってくれたらいいなあ!と思いますよね。

 

*「自分から進んでやる」時はどんな時?

子どもが「自分から進んでやる」時はどんな時でしょうか?

さっと思いつく場合だと、

「やったら何かいいことが待っている時」

「落ち着いていて、気分がいい時」

「周りも、何かに集中して取り組んでいる時」

「簡単な課題、問題をやればいい時」

「すぐ終わると分かっている時」

など、考えられますね?

 

*「自分からぜったい進んでやりそうにない時」はどんな時?

反対に、自分からぜったいやりそうにない時というのは、

「いらいら、むしゃくしゃしている時」

「落ち込んでいる時」

「周りが騒がしい時、楽しいことをやっている時」

「落ち着かない気分の時」

「時間がかかりそうな時」

「難しそうな時」

「どうせやってもできない、意味がない、と思っている時」

こんな感じでしょうか??

雰囲気としては、心がちょっとすさんでいる感じ、落ち着かない、

否定が多い感じ、ですね。でも、大人もこういう時ってなかなか

やる気にはなりませんから、理解はできますよね。

 

*「やる気」は、感情の要因が大きい?

ということは、「自分から進んでやる子」の状態をまとめてみると、

・感情が安定している

・やり終えたら、何かいいことがある

・自分ができると分かっている

・時間がかからないと予想できる

といった場合に、「自分から進んでやる子」になってくれそうな気がしますね^^

 

*「自分から進んでやる子」になってもらうポイント

ということは、日頃の準備として(直前だと子どもに見透かされます笑)

*「認められ体験」を増やしておく

「◯◯ちゃん、ありがとうね!」「◯◯、助かったよ〜」「見てたよ〜」

「◯◯ちゃん、お疲れ様〜」「◯◯、がんばったね〜すごいね!」

小さければハグやスキンシップ、

思春期以降は、ハグできればハグ、肩や頭をぽんぽんとしたり、背中に手を当てたり

名前をしっかり呼んであげたり、ということはできそうですね!

*落ち着いた空気感にする

大人でも同じように、ばたばた、慌ただしかったり、ギスギス、険悪な雰囲気だと、

落ち着いて、取り組む気にはなれません。

グリーンやお花をテーブルに置いたり、空間を浄化したり、落ち着く、集中するアロマオイルを

焚いたりするのもいいですね。ティッシュに数滴垂らして空間にふわりと香りを漂わせるのは、

子どもも喜びますし、自分も落ち着きを取り戻せます(笑 これが一番大事かも!)

*終わったら何か「良いこと」を用意する

これとこれが終わったら「お出かけしよう!」とか「おやつにしよう!」とか、

「ビデオみよう!」とか、おうちによっては「20分だけゲームしてもいいよ!」

とかもあるかもしれません。

ゲームは、あらかじめ夏休みのルールを決めておくと楽ですね。

夏休みのゲームルール標準バージョン、です。

お互いが対等、という前提で話し合いをしてみる、貴重な機会かも。

たとえば「その日1日分のやることが終わって、できれば午後の時間帯、

(学校が終わったくらいの時間)以降がいいんじゃないかな?どうかな?」

と、提案しながら、一緒にルールを決めてみてください。

いろんな発見があると思います^^

*簡単な課題だけ、まずとりかかり、「やることの気分の良さ」を体感してもらうことにフォーカス

夏休みだとまだ7月なのに朝からいきなり「読書感想文」ってやる気がなえますよね。親も(笑)

10問だけ、といって計算ドリル、漢字ドリル、といった、

やったことのある、分量も時間もだいたい分かっているものを最初に持ってきます。

とにかく、「これだけ、やろうよ!」と声をかけてみます。

そして、やるとあっという間に終わるので、意外と「もう1つやっちゃおうかなー」と、

自ら、さらにやりだす、流れができる可能性も大です。

大げさにほめず、「いいね〜乗ってるね〜さすがだね〜」「今ならなんでもできそうだね〜」

くらいの程度、声をかけて、+αはすべて、ラッキー!くらいな受け止め方で

「やることの気分の良さ」を体感してもらうことにフォーカスしてみてください^^

*家族で、何かに集中してみる時間にする

ママも家事や仕事、上の子は勉強や読書、下の子たちも、できることで集中してみる。

なかなかこういう時間はとれないものですが、子どもってみんなで集中する、ということは、

イベントみたいに楽しい時間と感じるものです。

まずは10分か15分だけ、一緒に集中してみてください。

 

*新しい子育て的「子どもが自分から進んでやる」方法の補足

とはいえ、毎日やるのは、ママの負担も増しますから無理ですし、

お仕事があるママはさらに難しいでしょう。

ですので、夏休みの中で、1日でもいいし、3回くらいそれができたら十分、くらいの感覚で

いいんじゃないかと思います。

(私も、夏休みで1日くらい、こんなに素敵にスムーズに過ごせたら、◯としています^^;)

「新しい子育て」では、「なかなか自分から進んでやろうとしなくて困っている」場合、

具体的実行策以外に、ママが自分自身をみていくことをオススメしています。

意外と、

「この子が進んでやるわけがないだろう。」「いつもこの子はやる気がないから、

いくらやっても無理」といった理由の奥に、

「ママの言う通りにやる子どもなんて、つまらない。」

「自立してほしい」と思っている反面、実は「まだまだ自分を頼ってほしい」

「自分の役割がなくなるのは寂しい」という観念があると、

「自分から進んでやる子ども」になってもらうのは難しそう、なのは、なんとなく分かりますよね。

 

*子どもはいつも良く在りたい、と思っている

また、魂的な観点、新しい子育て的観点からすると、たとえ表面的な言動がどうであれ、

子ども自身は、いつも「良く在りたい」と願っています。

当然、感情的にこれから発達していく部分もありますから、いつも「良く在る」ことは

難しいけれど、子どもを先入観なく、温かな目で見ていると、

それでも、「良く在りたい」という気持ちがあることがわかってきます。

遊び過ぎてしまった後、ママの顔色を伺う、のではなくて、自分から

「そろそろ、これやっといた方がいいよね〜今やっておこう!」と

おもむろに、宿題や勉強を始めることがあります。そんな時、私はいつも

「子どもってすごいなー 自分でやりたい、やることだって分かっているんだな」

と、秘かに感動しています。魂の美しさ、を見せてもらった気がするからです。

 

そうそう、そういうように「今からやろー」などと子どもが言い始めた時に、からかったり、

「今頃なによ」と嫌味を言ったりはしないでくださいね。(やる気が失せます)

 

いかがでしたか??ぜひ、ご意見、ご感想をお気軽にコメント、メッセージくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子どもたちと幸せな毎日へのために

自分の光の本質を思い出し、人生を創っていく

子どもが一層愛おしくなる「子育ての地図」を手に入れる!

いち早いお知らせ&お得な特典、ここでしか聞けない話はこちらから。 メールアドレスのみのご登録で受け取れます!



光のメッセージ付♪「光の木」メルマガ



ブログ

「子どもの幸せな未来研究所」Tree of “LUCE”とは

子どもたちが幸せな人生を生きていくために、本当に大切なこと、様々なメソッドを研究している研究所です。

子どもたち=大人である私たちも同じ。
豊かで美しい、光の木のような、もともと私たちが持っている魂の輝きを思い出すような場でありたい、という願いを込めてこの名前がつけられました。

*「子どもの幸せな未来研究所」Tree of "LUCE"はいかなる宗教団体とも関係がありません。また、リーディングセッションは心理学上のカウンセリングやセラピーとは異なります。
医師の診断、治療を必要とされている場合は、専門家の指示を仰ぐことをおすすめしております。